MENU

【気になる!加齢臭!!】どこから?耳から?頭皮?首?背中?

加齢臭はどのような臭いなのか、どこから臭っているのかという疑問を持たれることがあります。この疑問は加齢臭が出てくる可能性がある年代の方だけでなく、可能性が生じてくる年代に近づいている方や、なる可能性の低い年代の中にも疑問に思う人はいるようです。

 

まず、加齢臭がどこから臭うのかということですが、加齢臭が発生しやすい部位は耳の後ろといわれています。加齢臭に限らず、その人の臭いは耳の後ろを嗅ぐとよく分かるとされます。

 

加齢臭が発される部位は耳の他にもあり、首の後ろ・頭皮・顔のTゾーンからも発されます。加齢臭は主に首から上に生じる臭いで、誰にでもある体臭のように脇から臭うことは少ないようです。

 

脇から発される臭いはフェロモンとも呼ばれていますが、フェロモンの好みは人によって好き嫌いがハッキリ分かれるものです。加齢臭はフェロモンとは異なりますが、一般的に嫌われるイメージのある加齢臭を好ましく思う人も世の中には存在します。

 

加齢臭が生じる年代又は生じる年代に近い年代になったら、加齢臭になっていないかを意識すると適切なエチケットを行うことができます。加齢臭が一番つきやすいものが枕なので、毎日枕の臭いチェックをすることで自分が加齢臭になっているかなっていなかを確認することができます

 

チェックの際に知っておきたいことは加齢臭がどのような臭いなのかということですが、加齢臭の臭いは酸化した油の臭いと表現されることが多いです。このような表現になる理由は、加齢臭の原因にあります。

 

加齢臭は皮脂の酸化で起きるものであり、生活習慣や新陳代謝の低下が要因となっています。40代以上が加齢臭になりやすい理由は、新陳代謝が低下してくる時期だからです。また、新陳代謝が低下する現象は40代になる前でも起こり得ます。年代問わず生活習慣に気を付けて健康を大切にすることで、加齢臭の予防ができるとされます。

 

生活習慣では、主に食生活が関係してきます。脂っこいものをよく食べる方は体内で酸化が起きやすいため、見直しが必要です。食生活以外の睡眠・運動といった生活習慣も大事で、老廃物を溜めないようにしたり、しっかり眠って体の機能を整えることも重要なことです。

 

加齢臭は男性だけでなく、女性もなります。そして、原因は代謝機能の衰えや生活習慣にあるとされます。若くても体内が酸化したり新陳代謝が低下すれば臭いが起き、40代以上でも生活習慣を健康的にすることで加齢臭がしなくなるといわれています

 

毎日の枕チェックをしながら生活習慣を健康的にすることで、油の酸化したような体臭を予防することが可能です。