MENU

教えて!加齢臭はいつから始まるの?

加齢臭と聞くと、おじさんやお年寄りをイメージしますが、それは大きな間違えです。

 

「あのニオイって、本当に臭くて臭くて耐えられない。」なんて言っているあなた。

 

そう、あなたの様な女性でも加齢臭を発生するです。

 

早い女性だと20代の年齢で発生する女性もいます。

 

名前は知っていても実際にはどんなものなのか知らない人が多いのが現実です。

 

今日は、その「加齢臭」っていつごろから始まるのかを詳しくお話をしていきます。

 

加齢臭の原因は、皮脂が酸化することによって加齢臭の原因となるノネナールが発生します。

 

酸化に対する抑制力が低下すると脂肪酸と過酸化物質の分泌量が増えてきます。

 

そうすると、あのニオイの成分であるノネナールが急激に増え、あの独特のニオイを発生するようになります。

 

それでは、いつごろから始まるのかを、男性、女性わけて説明していきます。

 

まず、男性からお話をします。

 

あのニオイは別名「親父臭」と呼ばれていることからわかるように、40代から50代頃の年齢から発生することが1番多く、これは、皮脂の分泌が1番活発な年代に当たるからです。

 

それでは、40代以下の男性には、あのニオイは発生しないのかというと、それは違います。

 

今では、いろいろな要因が重なり合うことによって、40代より若い30代の年齢で発生する人も多くなっています。

 

また、この他の年代の男性も、発生していないのではないので、正しい知識と対処法をしっかりと知っておくことが大切です。

 

それでは、女性についてお話をします。

 

女性にも加齢臭はあります。

 

どうしても男性のおじさんというイメージをしがちですが、男性女性に関係なく、40代以上の年齢の人には、加齢臭の心配があるのです。

 

ただ、女性の場合、男性に比べてあのニオイの発生は5年から10年くらい遅く、これは、女性ホルモンが分泌されている比較的若い年齢の女性には、抗酸化作用があり、皮脂の酸化を防いでいるからです。

 

女性ホルモンの減少や閉経がある更年期の年代である40代ころに合わせて、あのニオイを発生すると考える人が多いのですが、食生活や生活習慣によるストレスなどが原因で、20代や30代でも自分の身体からあのニオイを感じる女性が多くなってきています

 

女性で1番発生する割合が多かったのは40代前半ですが、40代になる前から自分の体臭のチェックをしておくことが大切です。

 

テレビ番組の特集でも、女性にも発症することがハッキリ証明されたことから、女性であってもあの独特なニオイの対策をしっかりとすることが大切です。