MENU

お金を使う前に知っておきたい、加齢臭に効く食べ物はこれだ!

加齢臭が気になるなら、食べ物も意識しましょう。

 

体の内側からケアすることで予防の効果を期待できます。

 

ポイントとしては、酸化を抑える食生活を心がけることです。

 

酸化を抑えると聞くと難しく感じますが、基本的には野菜中心で動物性の脂を控える、健康的な食生活を心がけることで実現できます。

 

また、アルコールや油ものなどを控えることも効果的です。

 

そもそも、加齢臭の原因となるのはノネナールという物質です。

 

この原因物質は、皮脂腺から分泌される脂肪酸が酸化したり、発酵したりすることで発生してきます。

 

脂肪の取り過ぎがよくないのは、脂肪の取り過ぎにより増えた中性脂肪が、酸化を促す物質の原料となってしまうためです。

 

また、酸化した皮脂が臭いの元となりますので、皮脂を過剰に分泌させないようにすることも大切です。

 

そのため、脂肪の摂取を控えることが予防に繋がります。

 

基本的には、和食がおすすめです。

 

無理をせずに脂を控えた健康的な食事が摂れるからです。

 

意識して摂るとよいのが抗酸化力の強い食品です。

 

ビタミンEやビタミンC、ビタミンAといったビタミンには抗酸化力があります。

 

ビタミンEはオリーブオイルなどの植物油やナッツ類などに多く含まれています。

 

ビタミンCはブロッコリーや小松菜といった野菜や柑橘類に多く含まれています。

 

ビタミンAは緑黄色野菜に多く含まれていますので、野菜は積極的に摂るのがおすすめです。

 

ポリフェノールやリコピン、カテキンといったフィトケミカルも効果的です。

 

ポリフェノールは赤ワインなどに多く含まれていますし、リコピンはトマトに多く含まれています。

 

カテキンは緑茶に多く含まれていますので、飲み物でも加齢臭対策ができます。

 

常温で固まってしまうような脂は皮脂の過剰分泌に繋がりますのでよくありません。

 

肉の脂身やバターなど、動物性脂肪の多い食べ物は控えるように心がけましょう。

 

肉類を食べるときには脂身の少ない部位を選び、適量を心がけるなどの工夫をするとよいです。

 

皮脂の過剰分泌がよくないといっても、油を控えすぎるのもよくありません。

 

魚の油は常温で固まらないので必要以上に控える必要はありません。

 

また、オリーブオイルのように、抗酸化ビタミンやフィトケミカルが豊富に含まれていて、むしろ積極的に摂ったほうがよい油もあります。

 

質のよい油を適量、食生活に取り入れて体の内側から酸化を防ぎましょう

 

加齢臭に効く食べ物は、一度や二度摂ったからといってすぐに効果が出てくるわけではありません。

 

予防効果の期待できる食べ物を継続して食べるようにしましょう。